会社の会計手続きでも安心の事業融資

会社の会計手続きでも安心の事業融資

設備導入に役立つ事業融資(女性20代)

私が事業融資を頼ったのは、自身で開始する教室運営のためでした。大学の頃から地域の寺小屋のような所の先生にやることを目指していたため、ある程度経験を積んだ所で教室を開くことにしました。その時に必要なのが机やいす、コピー機やパソコン、その他教材などでした。これらは自身の貯金で揃えることもできますが、事業資金と自分のお金を分けておきたかったので、事業融資に頼りました。銀行の窓口で相談した所、必要だった約150万円ほどの金額はすぐに借り入れできるということで、審査を一通り終えて借り入れまでスムーズにできました

 

現在はもう1年ほど返済が残っていますが、教室運営もうまく行って特に困ることもなく仕事もできています。金利は高いかとも思いましたが、借入金額が大きいこともあってか、カードローンやキャッシングほどは高くはなく、かなり安心できます。設備を導入したお金もしっかり利益を上げて取り戻せており、あとは返済分をどうにかすれば事業もかなり十分軌道に乗ります。

 

若いこともあって貸してもらえないとも思いましたが、しっかりとした計画とお金の余裕があったので無事借り入れることができました。銀行の融資担当者の方も私の信用情報も特に問題がないので信用して貸してくれるということでした。今までの返済は全く延滞も滞納もなく安全に支払えており、今後もしっかりと返済する予定です。上手に活用すれば事業融資も安全に利用できます。

 

会計科目で申請することも可能

名目ごとに申告して利用しやすい

事業融資を活用する場合には、借り入れて利用しようとしている品目ごとに申請をすることもできます。特に詳細を伝える必要もなく、交通費であれば飛行機なのか、電車なのかまでは言わなくてもよく、会社側にとってもある程度都合よく活用できます。会計処理をする場合でも名目がはっきりしているので処理しやすく、業務において混乱が起こることもまずないでしょう。

 

金額だけははっきりと申告しないといけないので、十分計画を立てて必要な分だけ借り入れるようにしましょう。不必要な分は借り入れしないようにし、最低限の借入で済むようにしてください。

 

返済は早めにまとめて行うべし

事業融資では借り入れる金額も大きいですが、その分返済期間も短くなってくることもあります。サービスによって異なる部分ですが、キャッシングやカードローンに比べると返済期間に注意が必要なので、十分注意しましょう。返済はかなり余裕をもっていても早めに返済したほうが良く、金利を節約してできるだけ損失が出ないようにしましょう。

 

ビジネスではちょっとの無駄も大きく影響してくる可能性があるので、返済金額が明確になったらしっかり資金を管理して早めの返済を心掛けましょう。時間がかかればそれだけ金利も加算されていくので十分節約できるようにしてください。

 

会社や事業の信頼にも注意

事業融資は、どんな頼り方をするかによって会社の信頼にも大きく影響します。こうした使い方は消費者金融や銀行側から何かしらアドバイスをしてくれることはないので、会社側で注意していないとかなり評価が落ちてしまいます。全く問題なく利用しているつもりでも、かなり信頼を落としてしまうようなやり方を選んでしまっていたこともあり得るので、担当者としっかり相談をしながら安全な借り入れができるようにしましょう。

 

少しでも会社の信頼が維持できるように、情報をしっかりと集めて借り入れを行うようにしましょう。時には、借入金額を低めに申告して、余計な借り入れを避けようとすることも大切です。借りられるからと言っていくらでも借り入れてよいわけではないので、十分計画的かつ戦略的に借り入れをするようにしましょう。可能であれば、融資に詳しいアドバイザーを頼って余計な失態をしてしまわないように行動していきましょう。


このページの先頭へ戻る