事業者ローンを安全に運用するためのポイント

事業者ローンを安全に運用するためのポイント

事業者ローンで無理なく融資(女性/50代)

経営をしていた私はお金を借りる時に事業者ローンを利用するか、一般的なカードローンを利用するか悩んでいました。カードローンでも個人的な目的であれば利用は簡単ですが、少しでも事業に関係するような資金が出てくると借り入れするのが難しくなるので、対応に苦労しました。結果的には事業者ローンを頼って、個人目的でも利用できるようなサービスを選びました。

 

事業者ローンは借り入れできる金利は低いですが、事業目的でないと借り入れできないという場合も多くあります。しかし、私が利用したのは自由度の大きいサービスだったため、多少は自由に融通もきかせて活用できました。

 

審査に通過するのにも少し時間がかかりましたが、借入額が400万円も確保できたので、事業性の設備導入にも利用できるという非常に便利な契約が結べました。借り入れはもちろんよくないですが、急な出費に対応するにはこれくらいのサービスでないと無理でしょう。少しでも安定して利用できるサービスを見つけられてよかったと思います。

 

事業者向けの融資が役立った(男性/30代)

私が事業のために追加で設備を導入するときに頼ったのが事業者ローンでした。私が営んでいたのは工場で、田舎にあった小さな工場でしたが、毎月受注もあって経営状態は良好でした。生活の中で必ず消耗する物の生産だったので、利益も上がっていましたが、装置の一つが機能しなくなりすぐに設備を新しくする必要がありました。

 

それまでに会社で貯めてきたお金もありましたが、すべてをそこに頼るのも不安だったので、半分ほどは借り入れから支払うことにしました。銀行にはその必要資金の内訳は細かく説明する必要はないので、しっかり審査をしてもらって、会社の状況が融資の条件を満たすものだと理解してもらいました。

 

おかげで必要資金は難なく借り入れることができました。私自身が経営者で名義も多少審査してもらっての貸付でしたが、返済もしっかりでき、会計処理もミスすることなくできています。

 

審査に出す前に会社専属の税理士にしっかり可能性を探ってもらっていたこともあり、借り入れ後にも最後まで手続きなどを手伝ってもらいました。事業者ローンは借り入れる金額も大きくなるので、できるだけ税理士などのプロに頼っておくとよいでしょう。

 

創業支援で事業者向けのローンが役立った(女性/40代)

それまで念願だった自分の美容カイロのお店を開くために融資を頼りました。ちょうど整骨院や整体院がない高齢者の多い地域だったので、ターゲット層やお店を出す地域の選定もよく、利益に関する概算も借り入れをお願いする銀行と一緒に立てさせてもらいました。創業支援ということで、金銭管理は税理士にも相談して少しでも安全に借り入れできるようにしました。

 

最も心配だった借入金額は500万円で、私が必要だった200万円の2倍以上の金額で驚きました。念のため銀行側の好意もあって500万円を借り入れて、返済でも負担が出ないで済むようにしっかりお金は残したまま返済も進められています。多めに借りたおかげで金利も少し低くしてもらえて、必要ない分は先に繰り上げ返済で返すことができ、負担はさらに減らせました。

 

そういったやり方も税理士のアドバイスのおかげでとても助かりました。事業も安全に進んでいて、特にトラブルも起こらず、銀行からは追加融資の連絡が入るほど認めてもらえてます。借りすぎをする気はないですが、さらに事業や設備を拡大する必要があるときには頼らせてもらおうと思っています。

 

事業者ローンはしっかりと利益追求のために資金を活用できるので、個人的にはとても助かっています。こっそりキャッシングなどを借り入れてばれないように使うよりは堂々と資金を使っていけるので余計なストレスもなく安心です。

 

事業者向けのローンを活用しよう

個人向けより使いやすい

事業者向けに提供されているローンは、個人向けに提供されているキャッシングやカードローンに比べると堂々とビジネスのために利用できて便利です。もちろん事業性資金に使えない融資を事業のために使うと大きなペナルティを受けますが、事業者ローンはそういったこともないのでとても安心して使えます。

 

事業者ローンは事業主が借り入れできて自由に使えるサービスと事業向けの資金にしか使えないものに分かれるので、借り入れる時にはしっかりサービス内容を確認しておくと安全です。個人向けよりは目的が異なるので少し借入金額も大きくできますが、その分金利は低く、返済金額が大きくなるという特徴もあります。

 

金額も大きく借り入れしやすい

借り入れできる金額は多いものでは1億円、低いものでも500万円と借り入れ限度額は非常に規模が大きいサービスになります。個人事業主で借りられる範囲はそこまで大きくはないですが、事業で必要な金額を相談で決めていって、審査に通過できた分だけ借り入れをすることができます。

 

審査と借り入れについては仕組みはあまり変わりませんが、金額が極端に大きいので返済に関しての対策も十分立てておく必要があります。ただし、金利はとても低めに設定され、サービスによっては返済まで少し余裕がある据え置き期間も用意されるため、ビジネス利用には特にぴったりです。

 

月々の返済金額は多めなので注意

事業者ローンは金額も多く借り入れできて、運転資金や設備投資にも使えますが、返済が始まると毎月10万円程度の金額を支払っていくサービスが多いです。キャッシングやカードローンの約10倍近い金額を返済していくことになるので、収入をしっかり確保しておかないと返済でかなり苦しい状況になります。

 

借り入れる金額で返済額も変動しますが、5万円から20万円などの範囲でかなり負担は大きいのでできるだけ据え置き期間のうちに資金を増やして返済に充てられるようにしましょう。しっかり稼げていること前提で借り入れをしているようなものなので、事業者は特にしっかりビジネスを成功させていなければいけません。

 

据え置き期間でも金利は支払わなければいけないので、事業者ローンも大きなリスクがあることには変わりはありません。収入が確保できないようなビジネスではなく、十分収益があげられるように計画的に仕事を進めていきましょう。


このページの先頭へ戻る